Home nocategory • 食品表示のアレルギー起因物質の表示

食品表示のアレルギー起因物質の表示

 - 

食材を購入する際に私は原材料のところをきちんと見ています。
最近はアレルギー起因物質の表示をするメーカーが増えてきているのを感じ良いことと思います。

それと同時にその表示が必要なほどにアレルギー症状を起こす人が多く増えているんだなとも感じたりもします。
皆さんも目にしたことがあると思いますが表示が必ず義務付けられているものには小麦、卵、乳、そば、落花生、エビ、カニとあり、これらはアナフィラキシーショックを起こしやすいものです。
それ以外にも表示することが奨励されるものとしてアワビ、イカ、イクラ、サケ、さば、牛肉、豚肉、鶏肉、バナナ、ゼラチン、オレンジ、キウイフルーツ、桃、等々計18品目も合わせて表示されるようになってきています。

買い物の際は是非興味を持って見てみて下さい。

Author:admin